暁のヨナ 178話 31巻の収録だと思うのでネタバレに気をつけてください

花とゆめ, 暁のヨナ

映画『午前0時、キスしに来てよ』公開記念フェア☆ 1、2巻無料!さらに片寄涼太さん×橋本環奈さんWチェキプレゼントやインタビューも公開♪ | BookLive!


今無料で読めるやつで絶対チェックした方がいいもの!
③巻まで0円 ③巻まで0円 ④巻まで0円 ②巻まで0円
②巻まで0円 ②巻まで0円 ③巻まで0円
②巻まで0円 13巻まで0円 ③巻まで0円 ②巻まで0円 ③巻まで0円
②巻まで0円 ⑤巻まで0円 ③巻まで0円
BLマンガ BLマンガ ②巻まで0円 ②巻まで0円
BLマンガ ②巻まで0円 ②巻まで0円 ②巻まで0円

花とゆめ16号の 暁のヨナ、感想です

最新コミックス30巻は8月20日 発売!

ネタバレ配慮してなくてすみません

■ケイシュク参謀に、手を組まないかと打診された ヨナ一行。空の部族も 高華国を守るために戦っているのだから 目的は同じだと。

でも やはり、ヨナもハクも四龍も 組む気はない。ケイシュクを 信用できないから。

衣・食・住の提供とか 別に望んでないし、ユンだって そんな話に易々と乗って 医術を教えてもらいたいとは 思わないでしょ (´・ω・`;)

しかし、「今後も四龍を狙う者が 国内外問わず 現れますよ」と指摘されたら ヨナの顔色が変わった。たしかに、ケイシュクの言うとおりだ・・・。

もう四龍の存在は 隠せない。今までのような生活は できない。だったら、四龍を守るために、緋龍城へ行き 空の部族の庇護下に入ることが、いちばんの安全策・・・なのか!??

四龍は、自分の身は自分で守る、と言う。だけど、ここで断ったら ケイシュクを 完全に敵に回すことになるわけで、もし ケイシュクに追われることになったら、さすがの四龍でも マズイ状況に陥る・・・ということは じゅうぶん考えられる。

ここは とりあえずでも、同盟を結ぶって返事をしちゃうのが 得策なのだとは思う。でも 結べないよね・・・、ヨナと、ハクの、気持ちが それを拒むよね (ノ_-。)

「・・・彩火城で ジェハとゼノに 矢を射た事を 覚えてる・・・?」

「それについては お詫び致します 必要とあらば 最高位の医術師に手当てさせますよ」

「・・・・・・俺からも 聞きたい イル陛下が暗殺された夜を 覚えているか・・・?」

「・・・・・・・・・ ・・・忘れるはずもない 歴史的な勝利の日だ」

そんな言葉を聞いたら ハクは耐えられないこと、ヨナは もちろん分かるし、ケイシュクだって 分かってて言ったんだろうな この人 (@_@;)

怒りを抑えられず 刀を振ったハクを、ヨナが 制した。

四龍も、ジュド将軍も、臨戦態勢って感じで 一触即発・・・!!! あら アオさんも!?? (*゚◇゚*)

唯一 ケイシュクだけが 平然とした顔。ハクは ケイシュクを殺すことができたはずだけど、ヨナの制止に従って 刀を下ろした。

しかし、誰もがたじろぐような迫力の ハクの怒りを直接 受けたにも関わらず、それでも 淡々と話を再開させたケイシュクは やはり、自分なりの正義と 命さえかける覚悟を持って、高華国を守るという目的のためなら 何でもできる人なんだなあ・・・と思った。

だからこそ 怖いし、ヨナ達からすれば 信用できないよね。たとえ同盟を結んでも、国のためだと判断したら 簡単に裏切ってきそうだしさ。

「・・・あの日 イル王が消えなければ スジン将軍の反乱の時に 或いは斉国に 或いは真国に 高華国は滅ぼされていただろう

分からないか・・・? 高華の雷獣 スウォン陛下でなくては この国を守れないのだ」

「・・・私は明後日 緋龍城へ戻ります ヨナ姫 その時 貴方の決断を お聞かせ願いたい」

■ケイシュクが 勝手に、ヨナ達を 緋龍城に招き入れるような真似をしたこと、ジュド将軍は 非難する。

民衆の絶大な人気を集めたヨナ達を殺せば 暴動が起きかねないし、四龍を監視できるという利点もあるため、ヨナ達と手を組んだほうが良い って考えるケイシュクの一方、ジュド将軍は、雷獣を陛下に近づけて “もしも” の事態が起こってしまったら どうするのかと、ものすごく恐れている。

「彼らを緋龍城に置くという事は ヨナ姫や四龍達を 人質に取っているようなもの  雷獣も己の感情のみで 無謀な事はしませんよ」

「・・・・・・貴方は知らない  雷獣の・・・陛下に対する 氷の刃の様な殺気を・・・!」

国を第一に守ろうとする ケイシュク参謀と、スウォンを第一に守りたい ジュド将軍の、見解の相違・・・なのかなと思ったけど、ケイシュクが指摘したように、ジュド将軍に私情・個人的な恨みが ないわけがない??

本人は否定していたけど、ハクを疎ましく思う気持ちが 前提としてあったから、ジュド将軍は スウォンに付いたのかな・・・。

そして ケイシュク参謀は、スウォン陛下でなくては この国を守れない、とは言うものの、ユホンのことを 今でも最も敬愛してる感じ。

スウォンが心から信頼できる人間って 結局いないのか!??

■ユンのためにも 四龍のためにも 自分のためにも、ヨナは 同盟を結ぶべきだと考えてるっぽい。まだ悩んでるけど、もう それしかない、って雰囲気だよね これ (´;ω;`)

同盟を拒否したら、今度こそ ケイシュク参謀は 追っ手を差し向けてくる。と、ゼノは ほぼ確信してる。

「俺らは民衆を味方につけてしまった だったら いっそ 同盟を結んだ方が 得策と考えたんだろ

だが それが叶わないなら 王家にとって これ程目障りな連中は いねえよ

でも 同盟結んでも 四龍は絶対 利用されるよ・・・! 四龍は生きてる限り 利用される そういう生き物なんだよ

いっそ 飛び込んでみるか? スウォンの御膝元に」

「四龍の事は 気にしなくていい 寧ろ ある意味 城に行った方が 四龍は安全かもしれない

娘さんは 何を選ぶ?」

どうせ四龍は利用されるから どうでもいい・・・って ゼノはヤケになっちゃってるのかと思ったけど、そんなこと なかったのね。

ゼノだって、たとえ利用されるとしても 自分の選択で 未来を決めたいし、利用されることについて 抗う気持ちも ちゃんと残ってるんだな、と感じた。

そして、そんなゼノは 緋龍城に行くのが良いんじゃないかと 示唆して、ヨナに選ばせる、という選択をしてる。

ヨナは 決めなくてはいけない。安全を捨てて 逃げるか、感情を捨てて 同盟を結ぶか。

自分1人が我慢すればいい、という状況だったら、ヨナは ここまで迷わなかったかもしれない。けど、ハクがいるから。ハクの感情も 捨てさせることになってしまうから、ヨナは ツラくて仕方ないんだろうな・・・ (ノ_-。)

ヨナは 見張りをしている ハクに、ケイシュクの話を受ける、と 告げた。

「そうした方が 危険は少ないと思うの 私達さえ 大人しくしていれば」

「・・・まだスウォンには 知らされてない話ですよ・・・」

「スウォンがどうするかは 私にも分からないけど

今はあの夜とは 状況が違う 無闇に命を奪ったりは・・・」

「信用出来ると思うか!?  奴はあんたの誕生日を祝いながら  イル陛下を 手にかけたんだ

どんな理由があろうとも  俺は一生 許す事は 出来ない・・・!

このまま逃げて  逃げた先に 危険が伴うなら  俺が守る  あんたもユンも 白蛇もタレ目も シンアもゼノも 俺が絶対 死んでも守るから・・・・・・!

俺が・・・  ・・・っ  俺に もっと力があれば・・・・・・・・・」

ハクだって、無謀なことを言ってるって 分かってるんだろうな・・・。自分の無力さを感じてしまってるんだろうなあ・・・。

このパターンで ハクの口調が 敬語じゃなくなっていくのは、本当 ツラい。ハクの心からの叫びが、むなしい・・・、切ない・・・。

ヨナと、ハクと、ユンと、四龍と、アオと、みんなで過ごした日常は もう終わってしまうのか (´;ω;`)

□■読みながら書いてるから 感想グダグダで すみませんでした!■□

ヨナとハク パシャリ・・・ 前回のキュン展開が 嘘のようじゃん・・・

暁のヨナ178話

。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。

今無料で読めるやつで絶対チェックした方がいいもの!
BookLive!は新規入会者に全作品対象の50%OFFクーポンプレゼントしてます!
②巻まで0円 ③巻まで0円 ⑤巻まで0円
③巻まで0円 ③巻まで0円 ④巻まで0円
②巻まで0円 ③巻まで0円 ②巻まで0円
②巻まで0円 ②巻まで0円 ②巻まで0円
③巻まで0円 ③巻まで0円 ②巻まで0円 ②巻まで0円
③巻まで0円 ③巻まで0円
②巻まで0円 ④巻まで0円
 ↑↓ぜんぶ今 無料で読めるやつー!!!

②巻まで0円 ②巻まで0円 ②巻まで0円
ドラマ観てますー!
10巻まで0円 ③巻まで0円 ③巻まで0円 ②巻まで0円
②巻まで0円 13巻まで0円
BLマンガ ②巻まで0円 ③巻まで0円
②巻まで0円 ②巻まで0円
今無料で読めるやつで絶対チェックした方がいいもの!

日付順に まとめて見るなら こちらー!