思い、思われ、ふり、ふられ 47話 12巻の収録だと思うのでネタバレに気をつけてください

別冊マーガレット, 思い、思われ、ふり、ふられ

『町田くんの世界』映画化記念! | BookLive!


『カカフカカ』ドラマ化!原作が2巻無料☆ | BookLive!


今無料で読めるやつで絶対チェックした方がいいもの!
BookLive!は新規入会者に全作品対象の50%OFFクーポンプレゼントしてます!
②巻まで0円 ④巻まで0円 ②巻まで0円 ②巻まで0円 ②巻まで0円
ドラマ見てます!
②巻まで0円
②巻まで0円 ③巻まで0円 ③巻まで0円 ⑤巻まで0円

別冊マーガレット5月号の 思い、思われ、ふり、ふられ、感想です

最新コミックス11巻 発売中!

ネタバレ配慮してなくて すみません

■朱里ちゃん、バイト入れることが 多くなってるらしい。お金のこと、親に任せっきりじゃ ダメだと思ったんだね。すごいなあ、えらいなあ (*゚´ω`゚)

そして そのことを、乾くんに わざわざ言わないところが 朱里ちゃん かっこいいな!

理央から 大体の事情を聞いた 乾くん。朱里ちゃんも 理央も、少しくらい自分たちでも なんとかしたくて、頑張り始めてる。

お父さんの転勤期間は 一応3年ってことになってるけど、伸びるかもしれない。

「いつまでか わかんないって 結構 きついな」

「でもまぁ やるしかないからさ それはもう だからバイト増えるのは仕方ないっつーか」

なにか考え込んでる 乾くん、拗ねてるんじゃなくて 朱里ちゃんのこと 心配してくれてるのかな?

一緒に帰れないくらいで 乾くんは拗ねたりしない、理央とは違って(笑)

「由奈ちゃんに 新しい友達が増えたのは 嬉しい! でもさみしい! 複雑なんだよ 俺は!」

娘の成長が嬉しい反面 さみしくなっちゃってる パパみたいだなあ、理央くんや (*゚▽゚*)

■バイト連勤で 朱里ちゃんは疲れてる。なのに ぜんぜん、乾くんにも 弱音を吐かないところ、本当に えらいと思う。

だけど 乾くんは、そうやって頑張ってる朱里ちゃんを 応援する気持ちには なれないでいたのか・・・。頑張る方向を間違ってるんじゃないか、って心配してたんだろうな・・・。

「考えたんだけど やっぱり山本さんは アメリカ行った方が いいと思う」

「その話はもう終わったじゃん 私はこっちで がんばるって」

「でも通訳になりたいなら どう考えても 行った方がいいに決まってる」

この間は 乾くんも たしかに納得した。でも あの時は、朱里ちゃんが こんなにバイトすることになるなんて 思わなかったから。

夢のために勉強に打ち込む 朱里ちゃんを、乾くんは 応援したいんだね。

「日本にいるままでなんて ただでさえハードル高いのに だから今は 納得してないよ」

アメリカに行ける状況になったのに 自分の意志で行かないで、日本で バイト三昧。そうだなあ・・・、読んでて 乾くんのセリフに ハッとした。それは なんか違うな・・・。

きっと 乾くんは、このままでは 絶対に納得しない。夢を追うことに対して 情熱を持てるようになったのは 朱里ちゃんのおかげなのに、その朱里ちゃんが 夢から遠ざかっていくことを、乾くんは 見過ごせないと思う。そこは 譲れないんだと思う。

「乾くんと離れなきゃいけなくなるくらいなら 夢なんて いつだって捨てられるよ」

「何それ それ言われても 嬉しいとか 思えるわけない なんか がっかりした」

(なんで だって)「じゃあ どうすればいいの?」

「別れる?」

「俺が足 引っ張ってるとしか 思えないのに そう思いながら これからずっと山本さんに接していかなきゃいけないって どっちにしろ しんどいし」

朱里ちゃんのために、あえてキツイ言葉を選んでるんだろうな 乾くん・・・。突き放すことで 朱里ちゃんの背中を押そうとしてるよね (´;ω;`)

■泣いて マンションに帰ってきた 朱里ちゃん・・・。由奈と理央が すぐ話を聞いてくれる。

話を聞いただけで、理央は 乾くんの覚悟を察した。朱里ちゃんも、乾くんが わざと冷たい言い方をしたこと ちゃんと分かってる。

「けど私は 乾くんと離れるのが いやなの 離れたら 人の気持ちなんて どうなるか分かんないもん

だって 私だよ? 私は 私の事なんて 信用できない・・・・・・」

「そう思ってるのは 朱里ちゃんだけだって 今の朱里ちゃんを見て そんな事思う人いないのに

昔の朱里ちゃんも その時は その時なりの理由があったと思うけど ・・・・・・・・・でも 今は違うって

変わったって 自分でも分かるでしょ?」

「和くんと離れたくないって 素直に言える朱里ちゃんが 今の朱里ちゃんだよ」

由奈と朱里ちゃんの友情、ステキだな。黙って見守ってくれた理央の優しさにも グッとくるね 。゚(゚ノД`゚*)゚。

今の朱里ちゃんを、由奈は 信じてくれてる。自分の気持ちに 自信を持って 発言できてる。そういう自分に、由奈も 変わることができたんだよなあ。

■由奈のおかげで 朱里ちゃんは、もう一回ちゃんと乾くんと話さないと、って思えるようになったし、自分が どれだけ変わったか、実感できてる。

(その変わった私が 好きになった人が 乾くんなんだ)

ひとりで じっくり考えて、朱里ちゃんは ちゃんと、これから どうするか 決めたっぽい。スッキリした顔してる。

■翌日、あの見晴らし台に 乾くんを呼び出した 朱里ちゃん。2人にとって、この見晴らし台って 本当に特別だな。どんどん 特別な場所になってくね。

“ケンカしちゃった時は 名前を呼んで仲直り”っていう ふたりのルールが、この問題で、この場所で、最初に 効力を発揮されることになるとはなあ。

ちっちゃくて くだらないケンカをすることは あるだろうなあ、そういう時に便利なルールだなあ、くらいに思ってたから、ちょっぴり切なくなってしまったよ・・・ (´。・ω・。`)

だけど このケンカと仲直りがあったから、朱里ちゃんと乾くんの絆は いっそう強くなったんだろうな。

朱里ちゃんは 迷いのない決断をすることができたと思うし、乾くんも、責任を感じて 後悔することにならずに済んだ、と思う。

「わ 私はやっぱりアメリカには行きたくない 乾くんと離れたくない

些細な話でも この目で 乾くんを見ながら この耳で 乾くんの声を聞きたい

この手で 乾くんに触れてたいの それが出来なくなるなんてやっぱり 考えられない

これが私の素直な気持ちです」

「それは 俺も同じだよ ・・・・・・でも」

「うん だから私 行くね」「アメリカに行くよ」

朱里ちゃんが選んだ、涙の、そして 笑顔の決断。素直な気持ちを伝えた上で、この決断をしたこと、よかった と思える将来が ふたりには待ってるんだろうな (*゚´▽`゚)

次号、最終回。感動のクライマックス 楽しみです!!!

□■読みながら書いてるから 感想グダグダで すみませんでした!■□

乾くん パシャリ・・・ 乾くんの言葉は ぜんぶ、朱里ちゃんの将来を 想ってのもの。乾くん かっこよすぎるでしょ 。゚(゚ノД`゚*)゚。

思い、思われ、ふり、ふられ47話

。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。

今無料で読めるやつで絶対チェックした方がいいもの!
BookLive!は新規入会者に全作品対象の50%OFFクーポンプレゼントしてます!
②巻まで0円 ②巻まで0円 ②巻まで0円
②巻まで0円 ③巻まで0円 ②巻まで0円
これはマイクロ
ドラマ化決定!
②巻まで0円
④巻まで0円
②巻まで0円 ③巻まで0円 ③巻まで0円
②巻まで0円 ドラマ見てます!
②巻まで0円
これは分冊版③巻0円
②巻まで0円 ③巻まで0円 ⑤巻まで0円
 ↑↓ぜんぶ今 無料で読めるやつー!!!
②巻まで0円
②巻まで0円 ②巻まで0円
③巻まで0円 ③巻まで0円 これは試し読み増量 44P
創刊号 全ページ無料!
③巻まで0円
④巻まで0円
②巻まで0円 ②巻まで0円 ③巻まで0円
②巻まで0円 ②巻まで0円 ③巻まで0円
今無料で読めるやつで絶対チェックした方がいいもの!

日付順に まとめて見るなら こちらー!