コレットは死ぬことにした 116話 20巻の収録だと思うのでネタバレに気をつけてください

花とゆめ, コレットは死ぬことにした

『彼に依頼してはいけません』①巻 無料! | BookLive!

『チェンソーマン』①巻 無料! | BookLive!

今無料で読めるやつで絶対チェックした方がいいもの!
③巻まで0円 ③巻まで0円 ②巻まで0円 ②巻まで0円 ②巻まで0円 ②巻まで0円
②巻まで0円 ⑥巻まで0円 ②巻まで0円
③巻まで0円 10巻まで0円!!! ③巻まで0円 ③巻まで0円 ③巻まで0円
⑤巻まで0円 ③巻まで0円 ③巻まで0円 ②巻まで0円 ③巻まで0円
⑤巻まで0円 ②巻まで0円 ③巻まで0円
マイクロ
15巻まで0円
③巻まで0円 いよいよドラマ放送スタート!
③巻まで0円
⑤巻まで0円
③巻まで0円 15巻まで0円!!! ④巻まで0円 BLマンガ
②巻まで0円
③巻まで0円 ②巻まで0円
②巻まで0円 ④巻まで0円 BLマンガ
②巻まで0円
②巻まで0円 ②巻まで0円 ②巻まで0円 ②巻まで0円

詳しく感想を書く余裕が なくなってしまったので、できるかぎりで ちょっとでも販売促進・・・!!!

幸村アルトさんの連載作品「コレットは死ぬことにした」最新116話は、花とゆめ14号 で読めますよー! ぜひ買いましょう! (*^▽^*)

そして、最新コミックス19巻が 7月20日に発売!!! みんなで買って 少女まんがを盛り上げましょー!!!

第116話 | 20巻

「・・・あ  りがとう」 「ございます」

「こんな  見ず知らずの あたしに」

「・・・服はその一着か?」

「え  はい・・・」

「なら新しく仕立てるがよい」

「これを仕立て屋に持っていけ 

 薬師コレットの連れからと言えば 針子達がよくしてくれる」

「でも あなたの服が」

「もう帰る  だから よい」

「何もかも 真新しくしてしまえ」

「必ず前を向ける」

「強かに生きよ」

コレットは死ぬことにした116話 花とゆめ2021年14号

■あらすじメモ

■家庭に問題があるせいで “早く死にたい”とまで言うほど 人生に絶望している少女・シイラを救うため、ハデス様は 街の顔役・ノムさんに ある提案をする。

シイラを親から引き離して 雇い続けてあげてほしい、代わりに シイラにかかる費用も 働いた賃金も 自分が持つ、と。

「あんたが出すって  どうやって」

身につけていた 高価な飾りを差し出す ハデス様

さらには 上等な生地の服、靴、手袋・・・ 売れば お金になるものを 置いていく。

本当は ちょっとでも 陽から遠ざけ、肌を守らなくてはいけないのに――――

 (・・・すまん)

「あんた  たまたま居合わせただけの人だろ?」

「靴まで脱いで」

「なんでそこまでする?」

「・・・   ある娘が言っていた」

「その娘も過酷な幼少期を過ごした   だが人との出会いに恵まれたと」

「その娘は今 生きる力に溢れている   眩しいほどに」

「その娘にも そうなれる可能性がある   それには 助けが必要だ」

「娘  お前にも 苦境を蹴散らす意思が必要だ」

シイラが大人になって 自分の力で生きていけるようになるまで、ノムさんに シイラの後見人になってもらいたい。

彼は思慮深く 信心深い人間だと、ハデス様は 見抜いている。

「死者の神を信じていると言った   ならばその神に恥じ入ることを あなたは決してしない」

「・・・」

「この子の親は どうする」

「子に罪を犯させる者にまで手は伸ばせぬ  死者の神に託してよい」

「神さまに叱られたら どうしようかねぇ  なぜ親も助けてやらん 冷たい奴めって」

「言わぬよ」

「安心してくれ  言わぬ」

ハデス様の顔を見て 何かを感じ取った ノムさんは、心配する周りの反対を押し切って、シイラを引き受けてる と決意してくれた。

シイラ本人も そうなることを望んでくれるのならば――――

「大人になるまでの間 親を捨てられるかい?  できるなら俺は この人の言う通りにする」

「シイラ」

「あんたが自分で 物事のツケを払える歳になったら  そんときは 親元へ戻ろうが 好きにすればいい」

「だがそれまでは 子供は大人に守られ 道を学ぶべき存在だ」

父親が連れ戻しに来ても、何回 来ても、追い返す。ノムさんは シイラに約束してくれた。

そして 尋ねる。シイラは どうしたいか、このままでいいか、それとも 嫌か。

「嫌だ   嫌」

「あの家は 嫌です・・・」

「ん  わかった」

街の人たちも “ノムさんが決めたのなら” と支持し、何かあれば 協力してくれることに。

■ただの通りすがりにも関わらず 手を差し伸べ チャンスを与えてくれた ハデス様へ、感謝を伝えた シイラ。

すると、ボロボロの服一着しか持っていない シイラのため、ハデス様は マントを脱いで シイラに手渡す。

シイラが この先、前を向いて 強く生きられるよう、励ましの言葉と共に――――

■身につけているもの、肌を覆い 陽から守ってくれるものを、ほとんど手放してしまった ハデス様。

何も知らないコレットさんが戻ってきたときには もう、体が限界を迎え 倒れてしまう。

どうにか 冥府に戻り、ハデス様に治療を施す コレットさんだけど・・・

「ハデス様  ハデス様   どうして」

「・・・あの娘にお前を思い出した  だからつい口を出してしまった」

「まだこちらに来てほしくなかった・・・」

「コレット   すまぬ」

その日から、ハデス様は 目を覚まさなくなり――――――――!??

。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。

いま無料で読めるやつで絶対チェックした方がいいもの!
※たくさんチェックできるページにリンク張らせてもらいますー!!!※
今だけ 全ページ 無料 配信中! 今だけ 全ページ 無料 配信中! 今だけ 全ページ 無料 配信中!
今無料で読めるやつで絶対チェックした方がいいもの!

日付順に まとめて見るなら こちらー!