コレットは死ぬことにした 100話 17巻の収録だと思うのでネタバレに気をつけてください

花とゆめ, コレットは死ぬことにした

今無料で読めるやつで絶対チェックした方がいいもの!
③巻まで0円 ④巻まで0円 ③巻まで0円
②巻まで0円 ③巻まで0円 8~16巻まで0円!
②巻まで0円
②巻まで0円 ②巻まで0円 ⑧巻まで0円
実写ドラマ ぜったい見る…!
②巻まで0円 ⑤巻まで0円 ②巻まで0円
BLマンガ BLマンガ ②巻まで0円 ③巻まで0円 マイクロ
④巻まで0円
②巻まで0円 ②巻まで0円 ②巻まで0円
④巻まで0円 ④巻まで0円 ③巻まで0円

花とゆめ14・15号の コレットは死ぬことにした、感想です

最新コミックス16巻 発売中!

ネタバレ配慮してなくてすみません

■前回は 中々の騒動であったが、そのおかげで ハデス様との熱く固い絆を 再確認できたこと、歓喜に酔いしれる ガイコツたち。

用は済んだが もう少し浸っていたくて、ハデス様の部屋から 出られない。

すると そこに ひょこっと、カロンが現れた。

「あらガイコツ 何やってんの?  ま いいや さっき話した 釣りのことなんですけど~ 明日でどうですか~?」

「おれの とっておきの釣り場に案内しやす」

「わかった」

「わーい ハデス様と釣りだ~~!」

最近 ハデス様と遊べてないことを カロンが寂しがったらしく、ハデス様は “何でも つき合ってやる” と約束してくれた、とのこと。

カロンの周りに わらわら集まる ガイコツたちは、まったく 知らなかった様子。

「ああ お前達にも 同じようにするか 何か私にしてほしい望みがあれば申せ 叶える」

「ハ ハデス様に望みですと・・・!?」

「日頃の労いだ」

存在だけでも尊いハデス様から 「労い」などという 畏れ多い言葉を頂いてしまい、思考が停止する ガイコツたち。

「そんなに驚くようなことか?  無理にとは言わんが 一晩考えるがよい 今日はもう休む 皆ご苦労」

 (諸君 我々は またパニックに陥った)

 (名前の件で充分 ハデス様からの労いやお心は頂戴したのに これ以上何かを望むのはいかがなものか・・・)

 (――――・・・)

 (いやでも 辞退はしたくない・・・っ  ハデス様に何かしてほしいっ ほしいっ ほしいっ ほしい)


いいですね いいですね! 前回につづき 今回も、記念すべき 100回目も、ガイコツたち 己の欲望に素直で いいですね! (`・ω・´)b

床についたものの 目がギンギンで、気持ちは もんもんで、眠れず 悩みに悩んだ彼らの “望み” とは 果たして!??

・・・結局 ぐっすり寝ちゃったみたいだけど 決まったのかしら。難しいよね。

ハデス様に何でも お願いできる権利、もちろん 羨ましいが、めっちゃ 羨ましいが、果てしなく 羨ましいが、何を頼むか どこまでお願いしていいのか 悩んでしまう ガイコツたちの気持ち、分かるわあ。

でも 辞退はしたくない気持ちも、とても分かる(笑)

カロンみたいに もうちょっと軽い気持ちで 考えればいいんだろうけど、「ハデス様が何でもしてくれる」と思ったら 興奮しちゃうのよ (*゚∀゚*)

しかし カロンのお願いは かわいいな~。ハデス様と釣りがしたい って かわいいな~。「わーい」って かわいいな~♡

■やると決めたら全員、ということで ラダたちにも「してほしいこと」を考えておくように話す ハデス様

もちろん コツメくんにも。すると コツメくんは、すぐ “ハデスしゃまに おにがい” したいことを 思いつく。

「あっ えとえと ぼく・・・  ハデスしゃまと またお風呂に入りたいでし」

「わかった そうしよう」

その会話を聞いていた ガイコツたち、あっさり決められたうえに “ハデス様とご入浴” を望むコツメくんに ひとつ嫌味を言ってから、いつものお仕事に邁進しつつ 思考を巡らせる。

 (カロンは釣り コツメは風呂 ラダ達は何であろう)

 (そして 我々は  まだ思いつかない・・・!)

 (我々はカロンのように 軽快にふるまうこともできず  コツメのように 無垢でもないのである)

 (ご入浴が許されるということは だいたいの希望に関して寛大に受け止めて下さるということだろうか)

 (いや あれには かわうそアドバンテージが働いている  しかし魚がいない冥府での釣りという究極の不毛を了承なさるということは  やはり本当に何でもよいと思っていいのかもしれん)


え 待って、冥府って 魚いないの? そうか いないか・・・。究極の不毛に ハデス様を付き合わせられる カロンのメンタル、すごすぎるな(笑)

釣り好きのカロンは 実際に魚が釣れなくても ゆったり まったり 雰囲気を楽しんでる、ってことなんだろうけど、しかし 釣れるわけじゃないのに「おれの とっておきの釣り場に案内しやす」とか言えちゃう 無邪気さに、若干の狂気性を感じてきちゃったぞ (・∀・)

そして やっぱり、ガイコツたち 何をお願いするか 決められてなかったかー! ですよねー!

ハデス様に して差し上げたいことは いくらでも浮かぶのに、してほしいことは まったく浮かばない。困ったものじゃが いじらしいのう (*´ω`*)

でもさ、困ったときに 天界通信を見るのは やめたほうがいいかもしれない(笑) まさかの 壁ドン妄想には おったまげました(笑)

でも ガイコツが またひとつ賢くなったことは 素晴らしいことですし、妄想とはいえ 壁ドンする側ハデス様を拝ませてくれたこと 感謝いたします。ありがとう シェフガイコツ。ありがとう 天界通信。

あと ちなみに、「やると決めたら全員だ」と仰った ハデス様、“全員” の中には 当然 クロノス様も含まれてますよね? クロノス様 ちょうど お昼寝タイムで 夢の中でしたが。

まあ ラダたちに 教えてもらえるだろうから、クロノス様が ハデス様に何をお願いするのか 気になるなあ。

基本、いつでも 望めば何でも叶う クロノス様だけど、ぷりんも かわいいお部屋も ガイコツたちが喜んで用意してくれるけど、息子との間には まだまだ溝があって ままならない状況。

ハデス様が与えてくれた この機会は、親子の距離を縮める チャンスでは!?? (*゚ω゚*)

■夜、ディオとヘルメス様に見送られて 冥府へ向かった コレットさん

すると 到着早々、クロノス様・ラダミノス・アイアコスを背中に乗せた ケルベロスに、危うく踏まれそうに。

「うおっ コレットさん」

「大丈夫ですかっ」

「あら皆  ケルベロスに乗って・・・ どしたの?」

「今日はハデス様スペシャルデーなんです!」

「ハデス様スペシャルデー?」

「ハデス様が何でも お願いをきいてくれるんですって」

犬好きのミノスたちは “ケルベロス(大)と遊びたい” に決めて、今まさに 遊んでいたところ。

クロノス様の要望 「“偉大なる父” と呼べ」は 却下された、とのこと・・・・・・

飼い主(代理)として 犬の散歩に付き添う ガイコツ2人は、散歩ってレベルじゃないハードさのせいで ヘットヘト。

■ガイコツに “ハデス様は 川でカロンと釣りをしている” と教えてもらった コレットさん

ケルベロスを追う耐久ミッションを 速攻で遠慮し、カロンとハデス様の釣りタイムを邪魔したくないから 川へ行くことも遠慮し、ひとり ハデス様の部屋へ行く。

 (ハデス様と釣りがいいんだもんね  コツメくんも あとガイコツ達も?  全部終わるまで ハデス様の部屋で待つか)

お疲れだったのか、クッションを借りて 横になった コレットさんは、あっという間に 寝てしまう。

■第一回目の ハデス様との釣りを楽しんだ カロン、一時間ほどで すっかり満足した様子。

つづいて ハデス様は、コツメくんと一緒に ご入浴。ほのぼの お風呂タイム。

そして その次は、ガイコツたちの番だが――――?

「ハデス様  我々からは 望みはございません」

「いやはや 散々考えましたが しっくりこずで 結局何もないことに気づきましたのじゃ」

針子の望みに 我々4人も便乗する、と決めたが、ハリーの望みも「また おでかけしてほしいですん」という 欲のないもの。

「・・・お前達にしてやれることは なかったか・・・」

「そういうわけではございません」

「我々はハデス様のお世話をすることや それに付随すること ――犬の散歩であるとか  それらをこなす毎日がもう望みを叶えて頂いていることと同義なのです」

「得体の知れないワタシ達が 使命を賜った それが何より喜び  昨日の名前の件といい 今日といい 気づきの多い二日間でしたわい」

「私はお前達のことを まだ知りつくしてはいないのかもしれんな わかった そうしよう」


家来のプライドを優先したガイコツたちに 拍手!!!!!! 誰ひとりとして 暴走しなかった。己の欲望に打ち勝った あなたたちは 部下の鑑です。

まあ わたくし個人的には、壁ドンする本物のハデス様とか 耳元で「おやすみ」を囁くハデス様とか 王道の見つめ合いを繰り広げるハデス様とか ギュッ♡しちゃうハデス様とか、見たかったですけどね。見せていただきたかったですけどもね (・∀・)

あと それらをお願いされて 困惑するハデス様を めっちゃ見たい(笑)

しかし、ガイコツ基準の “一線を越えた妄想” が どれも乙女チックで かわいらしいなあ、と思いました (*゚ω゚*)

ガイコツ前後編 無事に終幕! ・・・は よかったですけど、ああ クロノス様 なんて無駄な要望を出したんだ もったいない・・・ ああ もったいない・・・・・・

■全員に忘れられていた かわいそうな主人公・コレットさんだが、ちゃんと思い出してもらえたし 本人は爆睡してるので、問題なし。

そして コレットさんが目覚めたときには、コレットさんハデス様 ふたりきり。

「あら 私寝てました? 寝てましたね」

「来ているなら 声を掛ければ よいものを」

「だって今日は ハデス様スペシャルデーなんでしょ 皆ハデス様 一人占めしてるところに入るなんて  だからここに いたんですよー」

「で みんなのお願い 叶え終わったんですか?」

「まあ とりあえずはな」

「それはよかったですね」

「コレットは?  何かあるか?」

「私もですか」

「そうだ」

 (ハデス様にお願い・・・)

 (おっと 案外思いつかないな 街におでかけしたい も なくはないけど  今はまだ旅の途中だしな・・・)

「・・・ハデス様 取っておいていい?  何か思いつくまで」

「わかった」


アラアラ、隙あらば コレットさんにキスしちゃう ハデス様ってば、人の部屋で ぐーぐー寝てた恋人に対して 「油断するなよ?」とは、とんだ嫌味ですこと (*´艸`)

記念すべき100話目を 寝て過ごしていたコレットさんには ちょっぴり呆れてしまうが(笑)、けど 冥府の皆の邪魔にならないよう気遣い それを当然のように思っている 奥ゆかしさには、惚れ直しちゃいましたよね~ ハデス様~♡

燻るものは かわらず ある・・・ものの ちゃんと満たされてもいる コレットさんと、ひとまず 部下たちへの労いを終えた ハデス様の イチャイチャを見れて、こちらとしましても おおいに満足でございます~~ (*^▽^*)

今回 全体的に ほっこりする内容で、特に ハデス様とコツメくんのお風呂タイム めっっっっちゃ ほのぼので 和んだ!!!

そしてですよ、さらにですよ。W掲載2本目「コツメくん日記」の 和ませパワーのおかげで、私めの心は 完全に癒されました とてつもない幸せで満たされました (*´Д`*)

□■読みながら書いてるから 感想グダグダで すみませんでした!■□

コレットさんとハデス様 パシャリ☆  祝 100話! みんな かわいい! 冥府 ばんじゃい! 冥府って 最高だー! と改めて しみじみ! (*^ω^*)

コレットは死ぬことにした100話

。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。

今無料で読めるやつで絶対チェックした方がいいもの!
③巻まで0円 ④巻まで0円 ②巻まで0円
②巻まで0円 ④巻まで0円 ③巻まで0円
②巻まで0円 ②巻まで0円
③巻まで0円 ④巻まで0円
②巻まで0円 ⑤巻まで0円
②巻まで0円 ②巻まで0円
②巻まで0円 ②巻まで0円 別マ×BL!!
⑤巻まで0円 ②巻まで0円
BLマンガ ③巻まで0円
アニメ放送中!
⑧巻まで0円
⑤巻まで0円
③巻まで0円 15巻まで0円 ②巻まで0円
②巻まで0円
映画 楽しみー! ②巻まで0円 ③巻まで0円
8~16巻まで0円!
③巻まで0円 ④巻まで0円 ③巻まで0円
③巻まで0円
②巻まで0円 ③巻まで0円
 ↑↓ぜんぶ今 無料で読めるやつー!!!

②巻まで0円 ②巻まで0円
②巻まで0円
BLマンガ BLマンガ BLマンガ BLマンガ
実写ドラマ ぜったい見る…!
②巻まで0円 ②巻まで0円 マイクロ
④巻まで0円
②巻まで0円 ②巻まで0円
②巻まで0円 ②巻まで0円 ③巻まで0円
今無料で読めるやつで絶対チェックした方がいいもの!

日付順に まとめて見るなら こちらー!