暁のヨナ 156話 27巻の収録だと思うのでネタバレに気をつけてください

花とゆめ, 暁のヨナ

1巻まるまる 今だけ無料で読める作品のご紹介

3巻まで無料

阿部くんに狙われてます
今度は絶対に邪魔しませんっ!

12巻まで無料

コーヒー&バニラ

2巻も無料

木更津くんの××が見たい
月が綺麗ですね
黒崎さんの一途な愛がとまらない

10巻まで無料

ニーチェ先生~コンビニに、さとり世代の新人が舞い降りた~

10巻まで無料

殺し愛

3巻まで無料

新婚だけど片想い

3巻まで無料

王子様なんていらない

アニメ化 決定!

殿と犬

3巻まで無料

蝶か犯か ~極道様 溢れて溢れて泣かせたい~

2巻も無料

ピンクとハバネロ

2巻も無料

たいへんよくできました。

3巻まで無料

カードキャプターさくら

3巻まで無料

カードキャプターさくら クリアカード編

2巻も無料

矢野くんの普通の日々

2巻も無料

最弱テイマーはゴミ拾いの旅を始めました。

2巻も無料

キャットストリート

4巻まで無料

紳士同盟+

3巻まで無料

太陽が見ている(かもしれないから)
メンタル強め美女白川さん

4巻まで無料

見える子ちゃん

3巻まで無料

三日月と流れ星

4巻まで無料

バディゴ!
鬼の花嫁

3巻まで無料

黒崎秘書に褒められたい

10巻まで無料

左ききのエレン

BLマンガ

BLマンガ 副音声はうるさい十分に

2巻も無料

太陽よりも眩しい星

2巻も無料

純喫茶ねこ

期間限定 今だけ0円、まだまだ多数あり✨

今だけ無料で読めるマンガ情報

最大12巻まで無料!!

【本ページはプロモーションが含まれています】

花とゆめ9号の 暁のヨナ、感想です

最新コミックス26巻は4月20日発売!

ネタバレ配慮してなくてすみません

 

□■読みながら書いてるから感想グダグダ!ごめんなさい!■□

 

■テジュン様 ヨナ姫に見とれてる場合じゃないぞ・・・!!!助けてくれたハクのセリフ、あれ“俺の大事な姫さん ガン見するな”ってことかしら ( ´艸`)

いじわる言われても 素直にハクを頼るテジュン。戦場でハクが「雷獣」って呼ばれるの見てると、いつも以上にハクが頼もしく感じるんだよなあ

■ハクと四龍の援護で、形勢逆転。ゼノは ヨナを守るという立派な役目があるからね!ね!

兵力差が関係なくなってる突然の事態に、戸惑うキョウガ

(誰だ? 何故我々に加勢する!? そしてあの異形の者達は何だ? あの姿は まるで・・・)

■敵は後退、戒帝国に引き返していく。戦いを見ていたオギさんは、四龍の能力は本物だと確信した

■火の部族の兵士たちに囲まれるハクたち。敵意で囲んでるわけじゃなくて、ずっと探していた 伝説の四龍を見つけたことを喜び、崇めてる感じ?

そういえば“火の部族の緋龍王信仰の人が 赤い髪の女と四龍を捜してる”って、けっこう前に 話は出てたんだよね(126話)

ハクも四龍の1人だと勘違いされてるなあ、適当なこと言うから・・・。「閃く闇の刃 暗黒龍」とか よくスラスラ嘘つけるよな ( ゚▽゚ )

■キョウガは すぐに、ハクが 風の部族の元将軍だと気づいた。キョウガにとって 四龍かどうかってのは興味なさそう

(なぜ・・・ では まさか あそこにいる赤い髪の女は ヨナ姫!?)

(どういう事だ この2人は死んだと聞いていたが スウォン陛下はご存じなのか?)

■彩火城まで連行されそうになった時、ゼノが ヨナの前に立って守ろうとしてくれてるよね?ヨナを守る役目 果たしてるゼノ、かっこよい (*´ェ`*)

まあ でも、実際キョウガに 面と向かって刃向かうのはハクなんですけどね!

■テジュンが キョウガに、ヨナ姫たちに手出ししないでほしい、と頼んでくれる。でも逆に それはキョウガにとって、さらに許せないことなんだよな・・・

「何故姫が生きている事を報告しなかった? お前は以前から 私に無断で この者達と繋がっていたのだな?」

■裏切りだと テジュンを責めるキョウガ。それでも折れないテジュン。あなたは 本当・・・時々めっちゃ かっこよくなるね!!!時々!!!

「私を正しき道へ導いて下さったのは ヨナ姫です 誰が何と言おうと たとえ兄上でも ヨナ姫に手出しは許さない」

■もしもの時、次期部族長となるテジュンが ヨナ姫に肩入れすることは、火の部族の未来を潰すことになる と恐れているキョウガ。

スウォンが ヨナとハクの生存を知らなかったとしたら、生存を火の部族が隠してたってことになるのは 非常にマズイことだもんな・・・

父親がしたこととはいえ、一度 反乱を起こした立場なのだから、火の部族が潰れてしまうって恐れるのは 大袈裟でも何でもないんだろうな (´・ω・`;)

■でも スウォンは すでに、私たちが生きていることを知っている、とキョウガに伝えるヨナ。「殺したければ いつでも出来るし 貴方1人で焦る必要はない」

■ヨナの赤い髪を見て、高揚が抑えられない 火の部族兵。ちょっと怖いくらいの盲信っぷりじゃない・・・?

「伝説の四龍と 赤い髪の・・・王家の血を引くヨナ姫が 我々の部族を救って下さったんですよ・・・!」

「まるで・・・ 天が緋龍王を 我々に遣わされたみたいに・・・!」

「彼らの力こそ 本物の神の力」「彼らに手出しする事は 神への冒涜にも等しい行為なのではないですか!?」

■キョウガは 何も言い返せなくなってる?というか、兵たちを無視して この場でヨナ達に手出ししたら、暴動が起きても おかしくないから 何も言えない、って感じなのかな

さらに、オギさんは もっと大きな問題になることを懸念している

(緋龍王は 建国の祖にして 神の化身 四龍は 天の御使いだ スウォンは持たない 神の力・・・)

(この騒ぎが広まれば ヨナ姫は王家にとって より目障りな存在となる)

 

テジュン パシャリ!!! テジュンの、兄上にも逆らうほどの ヨナへの敬意には、ふつうに感動する 。゚(゚ノД`゚*)゚。

暁のヨナ156話

。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。

いま無料で読めるやつで絶対チェックした方がいいもの!
※たくさんチェックできるページにリンク張らせてもらいますー!!!※
今だけ 全ページ 無料 配信中!
今無料で読めるやつで絶対チェックした方がいいもの!

日付順に まとめて見るなら こちらー!