コレットは死ぬことにした 102話 17巻の収録だと思うのでネタバレに気をつけてください

花とゆめ, コレットは死ぬことにした

今無料で読めるやつで絶対チェックした方がいいもの!
③巻まで0円 ④巻まで0円 ③巻まで0円
②巻まで0円 ③巻まで0円 8~16巻まで0円!
②巻まで0円
②巻まで0円 ②巻まで0円 ⑧巻まで0円
実写ドラマ ぜったい見る…!
②巻まで0円 ⑤巻まで0円 ②巻まで0円
BLマンガ BLマンガ ②巻まで0円 ③巻まで0円 マイクロ
④巻まで0円
②巻まで0円 ②巻まで0円 ②巻まで0円
④巻まで0円 ④巻まで0円 ③巻まで0円

花とゆめ17号の コレットは死ぬことにした、感想です

最新コミックス16巻 発売中!

ネタバレ配慮してなくてすみません

■帰ってきたヘルメス様は 一瞬でベレー先生と 親しく(?)なった!

そして イオさんの晩メシタイム。コレットさんディオヘルメス様ベレー先生、美味しい ごはんをたべながら 4人で仲良く お喋り。

「一緒に旅してくれる友達がいるって すてきね~」

「そ そうですね ははは」

「よく言われますぅ」

「!?」 (出たその笑顔  さっきまで小競り合いしてたのにっ

 (まーたしかに 二人が一緒で よかったことばかりだけどね)

「――――あ ねえ そういえばなんだけど」

「さっき村を回りながら話してたときの あなたの里帰りのことを聞いて 思ったんだけど」

「どこかで道を間違えて今の村に住むことになったって」

「その間違えた場所って“ここ”じゃない?」

 (え?)

「私の街の先にもう一つ街があってそこから山が続くのだけど 過去には集落が いくつかあったって 聞いたことがあるの」

「ここは交差路にあるからもしかして と思って どうかしら?」

「どう・・・」

 (“山の中の集落” 故郷と似てる)

 (道を間違えたの ここだった?)

「可能性は・・・あるかも」

「なあ その “集落があった” って 今はないのか?」

「詳しくはよく知らないけど ないと思う」

「行商はその街までしか行かないらしいから 残った集落の人も 街へ移住したのかもね」

「でもあなたが探しているなら 協力するわ  私の街に手紙を出して詳しい人を探す」

「それなら ぼくが探すよ なんなら直接 村を見つけてみせましょう」

「エルさん そんなことできるの?」

「できますとも」

さっそく明日の朝イチから動いてみる、と言ってくれる ヘルメス様。

コレットさんが「さすがに悪いですよ」なんて 遠慮しても、「何も悪くないよ」「親友だからね」と にっこり。

「・・・あの ほんとに いいんですか・・・?」

「もちろん」

「というわけで決まりー」

 (まさかここにきて 故郷探しになるとは思わなかった)

 (どうせ誰もいないから もういいやって 忘れてた 今の村を 大事にしたいから)


コレットさんの村は コレットさんが6歳のときに、流行病で 全滅しちゃってるんですよね・・・。

そして 遍歴医のアンノ先生に助けられ、兄姉たちとも 出会えた。

独り立ちするとき 故郷を目指したけど 道を間違えて、今の村と ご縁ができた。ハデス様と 巡り会えた。

故郷と似ている 山間の辺鄙な村で とても忙しい日々を送っていた コレットさんだけど、いろんなことを乗り越えながら 充実した毎日を過ごしていたけど、両親と暮らした 本当の故郷を見たい、という気持ちは 無自覚に心の奥に ずっとあったのかな。

故郷を目指したのは “ただ なんとなく 足が向いただけ” と言っていましたし、今の村で生きることに ちゃんと希望を見いだせていても、それでも やっぱり “叶うなら もう一度” って。

悲しい思い出の場所・・・ になってしまったとしても、楽しい思い出が たくさん詰まってる場所、でも あるはずですもんね。

感染した村の物は 何一つ持ち出せなかった コレットさんに 唯一 残されたものは、思い出 ですからね。

今まで ご両親が出てくる回想シーンは いくつかあって、コレットさんが いっぱいの愛情に包まれて 6歳まで成長したことは 分かってる。

アスポデロスで コレットさんのお父さんとお母さんが、コレットさんの幸せと笑顔を そっと願ってくれていることも 知っている。

まさかの故郷探し、という予想外の展開になって ビックリしたし、ツラい過去のことが描かれ 切ない話になるでしょうけど、でも また 最後は、心温まるお話だった と思えるような展開になってくれるはず・・・!!!

ヘルメス様 ありがとうございました、と 清々しい笑顔で言える展開に、きっと なってくれるはず。

ところで ディオも ヘルメス様も、コレットさんの「親友」の座が そ~んなに欲しいのね~? また 気が合ってますね~! (*´艸`)

■冥府でハデス様に 素直な気持ちを吐露する コレットさん

故郷のことは 諦めていた、でも もし見られるなら 故郷を見てみたいって 思っちゃった、と。だから ヘルメス様に お願いした、と。

さみしそうな笑みを浮かべ、別に見たって 何の意味もないんですけどね、と――――

すると、ハデス様は「故郷を想うのに 意味などあっても なくてもいいのでは?」と言ってくれた。

「景色が変わろうと お前の故郷に変わりはないのだから」

「・・・」 (故郷に変わりはない) 「・・・そっか」

ハデス様のおかげで、いつもの笑顔が戻った コレットさん。

そんなコレットさんに、ハデス様は 以前にも少し聞いた ご両親の話題を振る。

コレットさんのお母さんは パン焼きが得意で、探検好きは お父さん譲り。

「そうそう 言いましたね」

「お前の父は どういう仕事をしていた?」

「陶器の職人です  染め物職人と一緒に街で売って お金に替えてました そうやって村では手に入らない道具を買ったり」

「なるほど」

「家の裏山に 小屋と窯があって 窯焼きのときは 三日三晩火を絶やさないよう 見てなきゃいけないんです」

「そのときは 村の人にも手伝ってもらって交代で」

「私も父の横で チャレンジしました 普通に寝ちゃってましたけどね」

「あの窯と小屋 今もあるかな ・・・」

また少し さみしげな表情になる コレットさんだったけど、帰るときは ちゃんと いつもの笑顔。

おやすみの挨拶を交わし、コレットさんとハデス様は この日の逢瀬を終えた。

 (・・・顔を見る分には 心配は無用か・・・)

だけど ハデス様、ひとり佇み どこか物憂げな眼差し――――?

■夜明けと共に ヘルメス様が飛び立って、午前中は いつもどおり仕事をした コレットさん。

ベレー先生と一緒に 診療所の業務をこなしつつ、引き継ぎ的なことも。

そうしているうちに ヘルメス様が帰ってきて、コレットさんに告げる。「あったよ」と。

草ボーボーのボロボロだったけど 窯と小屋はあった、そして たくさんの墓石。あそこで間違いない、と。

「いつでも案内するけど どうする?」

「ちなみに普通に歩いていくと遠いから ぼくの力を使うよ あとは君の心次第」

 (私の)

「・・・大丈夫です」

 (この村にも 充分滞在した たくさん思い出も 勉強もできた)

「お昼ごはん 食べたら支度して 村の人達に あいさつに行ってきます」

「わかった」

 (行こう)

タキさん達や ベレー先生と お別れの挨拶をして、コレットさんは「遍歴医の村」を後にした。ヘルメス様とディオと 共に旅立つ。


前回 登場したばかりなのに、もう ベレー先生とお別れになっちゃったのは さみしいなあ・・・ (´;ω;`)

コレットさんとベレー先生が 仲良くなっていくところ、もっと 見たかった!

ベレー先生が 遍歴医の村で うまくやっていけるのか、まだ ちょっと 心配だし・・・。

だけど それは、ベレー先生が 自分で乗り越えなきゃいけないことだから、コレットさんが どうこうできるわけではないんだな。

ベレー先生の 薬師としての腕前は 何も心配はいらなくて、怪我してた あの少年も もう大丈夫そう。

別れも 新たな一歩、と考えれば さみしさではなく 希望を感じることができる。

きっと コレットさんは、ベレー先生や 遍歴医の村の人たちと、また いつか 会えるのでしょうし!!! (*^▽^*)

■ヘルメス様の力で コレットさんの故郷へと向かう。そのとき、コレットさんは 先生との会話を思い出した。

村の人みんなが病を患ったのに コレットさんは 奇跡的に罹患しなかった その理由を、先生が 教えてくれたときの会話を。

 (私が助かったのは 父と母が私を 守ったからだよと  先生は言った)

■コレットさんの故郷は 山間にある 小さな村。外との交流が滅多にない 閉じた世界だった。

その場所に、今は すっかりボーボーのボロボロになってしまった 故郷に、やって来た コレットさん

心配してくれる ディオと、危険から守ってくれる ヘルメス様と一緒に。

「んじゃ 入ってくか こんちはー」

「ディオ様 律儀ね」

「コレットは 言わなくていいのか?」

「・・・」

「ただいま」

 (十一年ぶり?  心の準備をしてきたから ちゃんと冷静な自分がいる)

はっきりは覚えていないけれど 見覚えのある建物。枯れてるかもしれない 井戸。そして 見るも無残な有り様だが 当時の生活の面影が残る、両親と住んでいた おうち。

「話したくなければ それでいいんだけど この村に何があったんだい?」

「旅人が来たんです」

「遍歴医の村の人が言ってましたよね 不幸の半分は 旅人が運ぶって」

「ここはまさに そうでした」

コレットさんは 少しも取り乱すことなく、当時のことを語る。ある日、滅多に外から人が来ない この村に、旅人が来たときのことを。

■旅人は 具合が悪いようで、村長の家で お世話をすることになったらしい。旅の方が来ること自体 めずらしい出来事なので、村中 あっという間に その話は広まっただろう。

しかし別に 村の外の人との接触を 拒絶しているわけではないから、いつもの日常の中で お母さん同士の会話のトップニュースに上がる程度。

コレットさんも その日 いつものように、子供達が担当する お水を汲む仕事を お母さんに頼まれ、裏山へ向かった。

井戸は 村に二つあって、一つは 村の中心にあるようだが、裏山の窯のそばの湧き水のほうが コレットさんには近かった。

そっちに お水を汲みに行けば、小屋にいる お父さんと会って、お喋りできる。

「おとーさん つぎのかまやきは いつ?」

「もう少し 先かな」

「つぎは ぜったい ねないっ」

「ははは どうかなあ」

「ねないもん」

「わたし いっぱいできることあるよ パンつくれる  お水くめる 火つけれる」

「だから おきれる」

「よーし やってみよう 何事も チャレンジ」

「ちゃれんじ」

「コレット おいで」

「いつのまにか 色々できるようになったんだなあ」

「そうだよ できるんだよ  コレットは なんでも できるよ」

 (たびびとさんは ふつかごに しんじゃいました  みんな かなしみました)

 (そこから へんなことが おきました)


旅の人が 感染症を運んできてしまったのでしょうね・・・。狙ったわけでは 全然ないだろうけど、現実の 今のご時世のこともあって、なんとも言えない気持ちになった・・・。

コレットさんが 奇跡的に罹患しなかったのは、ご両親が的確な判断で コレットさんを感染者から 遠ざけたから、なのかな?

すでに 村の人みんなと、自分たちも 感染してしまったことを察して、コレットさんだけを 裏山の小屋へ――――

だとすると そのときのコレットさんは、どれだけ 不安だったろうか。怖かっただろうか。ツラかっただろうか 悲しかっただろうか。

ご両親は 娘だけでも なんとか助けようと、まだ幼いコレットさんに どんな気持ちで どういった最期の言葉をかけたのだろうか・・・?

想像するだけで 涙が出てきます・・・・・・・・・

□■読みながら書いてるから 感想グダグダで すみませんでした!■□

コレットさんと コレットさんのお父さん、パシャリ!!! 次回 103話は19号、この幸せな日々が 壊れてしまう瞬間なんて、正直 見たくはない・・・見たくない・・・ (ノ_・。)

コレットは死ぬことにした102話

。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。

今無料で読めるやつで絶対チェックした方がいいもの!
③巻まで0円 ④巻まで0円 ②巻まで0円
②巻まで0円 ④巻まで0円 ③巻まで0円
②巻まで0円 ②巻まで0円
③巻まで0円 ④巻まで0円
②巻まで0円 ⑤巻まで0円
②巻まで0円 ②巻まで0円
②巻まで0円 ②巻まで0円 別マ×BL!!
⑤巻まで0円 ②巻まで0円
BLマンガ ③巻まで0円
②巻まで0円
アニメ放送中!
⑧巻まで0円
⑤巻まで0円
③巻まで0円 15巻まで0円 ②巻まで0円
②巻まで0円
②巻まで0円 ③巻まで0円
8~16巻まで0円!
③巻まで0円 ④巻まで0円 ③巻まで0円
③巻まで0円
②巻まで0円 ③巻まで0円
 ↑↓ぜんぶ今 無料で読めるやつー!!!

②巻まで0円 ②巻まで0円
②巻まで0円
BLマンガ BLマンガ BLマンガ BLマンガ
実写ドラマ ぜったい見る…!
②巻まで0円 ②巻まで0円 マイクロ
④巻まで0円
②巻まで0円 ②巻まで0円
②巻まで0円 ②巻まで0円 ③巻まで0円
今無料で読めるやつで絶対チェックした方がいいもの!

日付順に まとめて見るなら こちらー!